サロン脱毛は永久脱毛ではない!永久脱毛ってどんな状態のこと?

更新日:

永久脱毛ってどんな状態?

疑問

ムダ毛の自己処理を繰り返していると、肌の炎症や乾燥、埋没毛などのトラブルが起きやすくなってしまいます。

そのため一生ムダ毛なんか生えなくていいのに、と考えたことがある女性も多いのではないでしょうか。

そんな時に試したいと思うものの1つに、永久脱毛があげられます。

 

この永久脱毛には、実はきちんとした定義が存在します。

アメリカの電気脱毛協会が定めたものと、日本のFDAが定めたものの2つです。

アメリカの電気脱毛協会 ムダ毛の処理をしてから1か月後の時点で、ムダ毛の再生率が20%以下のもの
FDA 脱毛の施術を3回行い、その6か月後に2分の3以上のムダ毛が減ったもの

 

日本のエステサロンや美容クリニックの大半は、この2つの永久脱毛の定義を使用しています。

つまり永久脱毛を受けたからといって、すべてのムダ毛がなくなるわけではないので注意が必要です。

 

サロンの脱毛は永久脱毛ではなかった!

日本で脱毛ができる施設は、大きく2つに分けることができます。

エステサロンや脱毛サロンのような美容施設と、美容クリニックのような医療施設です。

エステサロンや脱毛サロンではフラッシュ脱毛、美容クリニックではレーザー脱毛を受けることができます。

 

この2つの脱毛方法は、共にムダ毛に含まれているメラニン色素にダメージを与えるもので、肌にフラッシュやレーザーを照射することで施術を行います。

ただしムダ毛に与えるダメージの大きさに違いがあり、一般的に美容クリニックのレーザー脱毛のほうが効果が高いと言われています。

 

レーザー脱毛に使用されているレーザーは、もともとはアザやホクロなどを薄くする施術に使われていました。

それがムダ毛を減らす効果があることが分かり、脱毛にも使われるようになったのです。

つまりレーザーによる施術は医療行為にあたるので、医師のいる美容クリニックなどでしか行えないのです。

 

現在、永久脱毛に1番近い施術は、美容クリニックによるレーザー脱毛だと言われています。

 

技術の進歩でサロン脱毛の効果も向上中

エステサロンでのフラッシュ脱毛には、永久脱毛の効果はありません。

そのためフラッシュ脱毛を受けたからといって、すべてのムダ毛の自己処理が不要になるわけではないことを理解しておくことが大切です。

 

しかし技術の向上により、永久脱毛に近い効果を期待することが可能になりました

個人差もありますが、両わきやVIOラインなどムダ毛の濃い部分では多くのメラニン色素が含まれているので、そのぶん脱毛の効果も高くなってきます。

そのためムダ毛が目立つ両わきやVIOラインでは、特に脱毛効果が得られやすいという特徴があります。

目立つ部位のムダ毛の処理が不要になるのは、女性にとって嬉しいポイントですよね!

 

さらにサロン脱毛では、背中やえりあし、VIOラインなど、自分ではケアが難しい部位も綺麗に処理できるというメリットがあります。

これらの部位のムダ毛は自分では見ることができませんが、他人からは目につきやすい場所でもあるので、脱毛サロンでケアするのがオススメです。

 

>>予約が取りやすい脱毛サロン情報はこちら<<

 

-脱毛に関する基礎知識

Copyright© 予約が取りやすい脱毛サロン|会社員の私が選んだのはここ! , 2018 AllRights Reserved.